2018/08/14

書籍紹介: Unity ゲーム プログラミング・バイブル

書籍『 Unity ゲーム プログラミング・バイブル 』の一部を出版社ボーンデジタルさんよりご恵贈いただきました。中身を読み実践してみたので、かんたんに書籍の紹介とレビューをしてみたいと思います。

書籍について


『 Unity バイブル プログラミングブックス 』はゲーム開発用ソフトウェア(=開発環境)である Unity でゲームを作る方法を解説した書籍です。サンプルを使った実践的な内容になっているので、読むタイミングとしては「入門書をひと通り終え Unity の基本的な使い方に慣れた後」に読むのが最適だと思います。




今回はその書籍のうち「 TensorFlow を組み合わせて AI プレイヤーを作る」というテーマの章(= Python が関わっている章)の抜粋をご恵贈いただきました。

※ Unity そのものは Python で利用するソフトウェアではありません

やったこと


書籍の内容をざっと読むだけではなかなか評価しづらいところがあるので、 Unity をインストールし、紹介されているプログラムを試しながら読んでみました。この文章を書いている時点で、ご提供いただいた章の内容の半分強ぐらいを動かしました。




出版社さんの公式ページでサンプルの Unity プロジェクト(≒サンプルコード)が公開されているので、それを利用するとコードを書かずともとりあえずプログラムを試すことが可能です。


ちなみに私は Unity / C# に不慣れなので、今のところコードはちらっと確認する程度で、ありもののファイルをほぼそのままの形で動かすだけで読み進めています。

感想


Unity を使ったゲーム作り、または、 Unity 縛りがなくても一般にゲーム作りに関心のある方にはとても興味深い内容ではないかと思います。画像が多く解説も丁寧なので、お勉強感覚ではなく雑誌感覚で楽しみながら読み進めることができます。

こんな方におすすめです。

  • プログラミングの基礎を学んだ後に、「何かおもしろいことがしたいな」と思っている方
  • Unity でどんなことができるのかを知りたい方
  • Unity の基礎を押さえた後に実践的な制作に取り組みたい方
  • ゲーム作りに興味がある方

プログラミングを日頃行っている方であれば高校生――もしかしたら中学生の方でも楽しく読めるかもしれません。

ちなみに、私の印象では、プログラミングがまったくわからないと、スムーズなときは別に問題ありませんが、書いてあることを Unity 上でどう実践すればよいかわからない場合や罠にハマった場合等、イレギュラーが起こったときに前に進めずにつらいと思います。なので、最低限「変数とは何ぞや」「関数とは何ぞや」「クラスとは何ぞや」ぐらいのベースの知識がある方が読むのがよいと思います。

いまひとつなところ

よかったところだけをあげるとアレなので、いまひとつなところをあげてみます。

書かれている操作を実際にどうやればよいのかわからない: これは GUI ソフトウェアの操作説明の常でもありますが、説明されている操作を実際にどうやればよいかわからないところがときどきありました。

概念と操作の説明が混ざっていて迷子になる: これも章によるかと思いますが、概念的な説明と具体的な操作の説明とが混ざっているところがあって、読んでいて「これは何の説明がされているんだろう」「この一連の操作をすると何が起こるんだろう」となることがありました。ただ、このあたりは Unity をよく知る読者であれば行間を読んでカバーできるところなのかもしれません。

よかったところ

画像が多くてわかりやすい: 画像が多めで細かなところにも丁寧な説明があったりするので、わかりやすかったです。文字ばかりのモノクロの技術書は読むのにエネルギーが要るので、「カラーの書籍はわかりやすくていいなぁ」と改めて思いました。

サンプルプロジェクトが公開されている: 上述のとおり、本書の中で紹介されているサンプルプロジェクト(≒サンプルコード)が公式サイト他で公開されています。「コードを書かずにサンプルをさっと動かしたい」「実際に動くプロジェクトを見て学びたい」というときにはとてもよいと思います。私が読んだのはごく一部ですが、書籍全体では数多くのサンプルが紹介されているので、それぞれからアイデアをもらうだけでちょっとしたオリジナルゲームを作ることが可能でしょう。

というわけで、書籍『 Unity ゲーム プログラミング・バイブル 』のご紹介でした。

私自身はゲーム作りはやったことがありませんがこれを機に少しやってみたくなりました。ゲームや Unity に興味のある方はぜひお手に取ってみてください :)

尚、最近同出版社さんが Unity の中でも特に「 Unity ✕ 機械学習 」というテーマに絞った書籍を出版されたそうです(具体的には Unity ML-Agents Toolkit を利用した Unity ✕ 機械学習の書籍です)。ゲーム作りに興味のある方にかぎらず、機会学習・ AI に興味のある方はチェックしてみるとよいかもしれませんよ。



0 件のコメント: