2013/02/25

Pythonにまつわるアイデア:オフサイドルール

Pythonにまつわることばに、「オフサイドルール」というものがあります。

「オフサイドルール」(off-side rule)とは、プログラミング言語において字下げによってコードのブロックを表現するスタイルのこと。
for i in range(10):
    if i % 3 == 0:
        print i
Pythonではこのように、for文等を使うとき原則的に字下げをするルールとなっていますが、C言語では「{}」(中括弧)、FORTRANでは「DO~END DO」というように、ひとかたまりのブロックを示す表現は言語によってまちまちです。

ちなみに、「オフサイド」の名前の由来はサッカーのオフサイドだそうです。「ある見えないラインより前にはみ出てはいけない」といったところでしょうか。

私自身はあまり知らないのですが、Haskell、F#、CofeeScriptなどもオフサイドルールを用いた言語としてWikipediaには紹介されています。

オフサイドルール - Wikipedia
Off-side rule

0 件のコメント: